江戸時代から伝わる燕市の伝統工芸品

鎚起銅器冷酒盃

新潟県

家庭用品・日用品

鎚起銅器冷酒盃

希望小売価格(税抜)

※会員様のみ公開

この盃は鎚起銅器(ついきどうき)という伝統工芸の技法で作られています。鎚起とは1枚の金属素材を金槌とあて金を使って打ち延べ、打ち縮めて製品を作る鍛金技術のひとつで、職人が一つひとつ手仕事で仕上げています。銅板を叩いて仕上げた外側は鎚目がきれいに揃い、独特の雰囲気があります。内面にはお酒と相性が良いとされる錫を手曳きで施しています。

最終更新 2019/03/20

商品仕様specifications

主原料産地
原材料
トレーサビリティ
販売主要エリア
発注リードタイム
納期
納品単位
箱サイズ / 重量
取扱上の留意点
利用シーン
顧客ターゲット
想定販売チャンネル

買い手会員(無料)なら
商品の詳細を閲覧できます

買い手会員(無料)になると、価格・原材料・賞味期限・製造者情報などの詳しい商品情報を閲覧できるようになります。また、出品者と直接やり取りすることも可能です。

※買い手会員(無料)になるためには、審査がございます。

出品者に問い合わせる

※会員様限定

※会員様限定

製造者情報

島倉堂

〒959-1272

新潟県燕市杉柳664-1

カスタマーQ&A

※このメッセージは公開されます。

鎚起銅器冷酒盃

家庭用品・日用品

鎚起銅器冷酒盃

出品者に問い合わせる

※会員様限定

※会員様限定

製造者情報

島倉堂

〒959-1272

新潟県燕市杉柳664-1

 
保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。