幾何学模様が美しい茶托です

家庭用品・日用品

大川組子の茶托

古くから建具や欄間として重宝されてきた大川組子。細かく割った木材を組み合わせて、幾何学模様を形成した緻密な木工細工は、さながら小さな曼荼羅のようです。本来、客人の茶碗を運び、受けとめるのが茶托の役割でしたが、これは茶を手に取り本来の役目を離れた時に、ふとした驚きを与えます。また桐箱のケースは、贈答品として高級感を醸し出しています。ご年配の方への贈答品として、いかがでしょうか。

希望小売価格○○○○(税抜き)

JANコード○○○○

主原料産地

○○○○

原材料

○○○○

添加物

○○○○

トレーサビリティ

○○○○

○○○○

販売主要エリア

○○○○

発注リードタイム

○○○○

保存

○○○○

賞味期限

○○○○

内容量

○○○○

納期

○○○○

納品単位

○○○○

箱サイズ / 重量

○○○○

催事対応

○○○○

買い手会員(無料)なら
商品の詳細を閲覧できます

買い手会員(無料)になると、価格・原材料・賞味期限・製造者情報などの詳しい商品情報を閲覧できるようになります。また、出品者と直接やり取りすることも可能です。
買い手会員(無料)になるためには、審査がございます。


カスタマーQ&A

※このメッセージは公開されます。


家庭用品・日用品

大川組子の茶托


木下木芸

福岡県大川市向島1037-1

 

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。